ガイドブックに載っている"表(おもて)"だけじゃ物足りない方へ。satokoizmの"裏"パリガイド。


by satokoizm

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:Parc 公園( 2 )

外国っぽい。

14区のParc Montsouris (モンスーリ公園)にて。
e0242860_10444178.jpg


公園もベンチも人も大した特徴もないのに、とても外国っぽい写真。
おばあさんの白髪?光でとんだ緑色?ベンチのデザイン?
どれも日本でもありそうなのに、なにかが"外国っぽい"。

「私、パリにいるんだなぁ」
セーヌ川、カフェ、メトロ、パリジャン、フランス語、
普段、パリにいることを実感する機会は多くあります。
だけどそれは、私の暮らす"パリ"であって"外国"ではありません。
そう、自分が"外国"にいると感じるのはこんな風景を目にしたとき。

「すげぇ、映画で聞くサイレンじゃん!!」
福岡に暮らす兄と電話していたときに私の横をパトカーが通り、
受話器の向こうの兄が嬉しそうに言いました。
「お前、本当に外国にいるんだなぁ」
パリの生活をどれだけ話してもふーんとか、へぇとか
あまり興味を示さなかったくせに、パトカーのサイレンには大興奮。
現実味のない話より、リアルな音のほうが"外国"っぽかったようです。

この写真も同じかもしれません。
人、公園、ベンチ、日本中どこにでもあって、それでいて
この風景はどこでも目にしたことがない。
だからこんなに普通の景色が日本人の私の目には新鮮に映る。
何年か住んで見慣れているはずなのに、たまに感じるこの"外国"感。
パリという非日常は時間とともに日常になっていっても、
外国の日常はいつまでたっても私の非日常のまま。
今、自分は母国にいないという事実が少し残念でもあり、
反対に外国で生活できていることが誇らしくもあります。
パリの街は外国人の集まり。
彼らもみな、こんな気持ちを抱えて暮らしているのでしょうか。

それにしてもこの写真、この"外国"っぽさ、大好きです。



………………………………………………………………………………………………………
南仏の住人がこっそり教えてくれた"裏"プロヴァンス案内。
毎週 日曜 更新中 こちらもぜひ覗いてみてください。

散文家 izumisawa satoko の取材、通訳、
ガイドコーディネートのご依頼、お問い合わせはこちらまで
satokoizm.guide@gmail.com
………………………………………………………………………………………………………
[PR]
by satokoizm | 2012-09-21 12:00 | Parc 公園

(唯一)恋するモンパルナス

「今日は天気もいいし、少し散歩しようか?」
と誘われ、モンパルナスに連れてこられたら
私はきっと恋に落ちてしまいます。

というより、こんな風に連れてこられたら
間違いなく恋におちます。
e0242860_913481.jpg
ここは、パリの異物モンパルナスタワーではもちろんなくて、
人ごみのレンヌ通り、通称"お買い物通り"でもなくて、
フランスの新幹線TGVが走る無駄に大きな駅でもなくて、
無機質なモンパルナスで私が唯一好きな場所。

Cimetière du Montparnasse (モンパルナス墓地)

パリにはここ以外にもいつくかの墓地があり、
フランス人、外国人に関わらず多くの著名人が眠っています。
墓地といっても湿っぽい雰囲気はなく、散歩名所のひとつ。
ちょうど桜並木の青山墓地を歩く感覚でしょうか、
観光客とお参りの方々、それからお散歩カップルがちらほら。
地図を見ながら、目当ての人(のお墓)に会いにいきます。
私が最初に向かうのは、まずこちら。
e0242860_9522714.jpg
切符にキャベツに似顔絵、ラブレターとにぎやかなお墓は、
音楽家Serge Gainsbourg(セルジュ ゲンズブール)のもの。
彼の作品にちなんだお土産とキスマークの嵐、
多くの女性に愛された彼らしいお墓です。
私の大好きな1960年代のフレンチポップは彼なしでは語れません。
作品の素晴らしさもさることながら、なによりも魅力的なのは彼自身。
ゲンズブールを歌う女たちというCDは幸運にも彼に愛された(彼と接点の合った)女性たちが歌うオムニバスアルバム。
ブリジット バルドー、アンナ カリーナ、フランス ギャル…。
他にもフランスを代表するザ・いい女のオンパレード。
日本でもCMやドラマで使用された作品も多く、
ファンでなくても聞き覚えのある曲もいくつかあると思います。
ミューズに愛された男は、天国でもこうして求められ続けるのでしょう。

さてお次はこちら。
e0242860_1064036.jpg
映画『悲しみよ こんにちは』でセシルカットを流行らせた、
アメリカ人女優、Jean Seberg (ジーン セパーグ)。
ヌーヴェルバーグの走り『勝手にしやがれ』を見直したのはつい最近。
品のいいお墓に飾られた写真を見ていると、
彼女のアメリカ訛りのキュートなフランス語が聞こえてくるようでした。

最後はこちら。
e0242860_1023552.jpg
哲学者、小説家のJean-Paul Sartre (ジャン ポール サルトル)のお墓。
写真(一番上)のカップルがいたのも彼のお墓の前でした。
彼女に向かって一生懸命サルトルを語る彼。
自分の好きな人が影響をうけた人(のお墓)とご対面で、
相手のことをより深く知ることができます。
やっぱりここは、恋する場所。

ほかにも映画監督のJacques Demy(ジャック ドゥミ)、
シトロエンの創設者、Citoroen Andre(シトロエン アンドレ)、
百科事典の代名詞、Larousse Pierre(ラルース ピエール )など、
多くの著名人が眠っているモンパルナス墓地。

生きている間に出会えなかった人にもここに来れば会える、
隣にいる誰かと生きているうちに出会えたことを嬉しく思う、
パリの墓地はロマンチックすぎるデートコースです♡


Cimetière du Montparnasse (モンパルナス墓地)
最寄り駅 Raspail, Vavin, Denfert-Rochereau
開園時間 月曜から金曜 8:00〜17:30
     土曜 8:30〜17:30 日・祝 9:00〜17:30
※夏期(3/16〜11/5)は毎日18:00まで開園


………………………………………………………………………………………………………
南仏の住人がこっそり教えてくれた"裏"プロヴァンス案内。
毎週 日曜 更新中 こちらもぜひ覗いてみてください。

散文家 izumisawa satoko の
通訳、ガイドコーディネートのご依頼、お問い合わせはこちらまで
satokoizm.guide@gmail.com
………………………………………………………………………………………………………
[PR]
by satokoizm | 2012-08-24 12:00 | Parc 公園

タグ

(37)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2013年 11月
2013年 04月
2012年 11月
more...

カテゴリ

Transport  歩き方
Boutique 買い物
Miam 食べもの
Monument "表"パリ
Parc 公園
Saison 季節
Rue 通り
Musee 美術館
S-culuture サブカル
Reportage 取材
MiP 野郎のパリ
Français フランス語
Parisien パリジャン
Japon 日本
Antiparis パリ以外
Guide ガイド
Satokoizm 私
etc… たわごと

検索

フォロー中のブログ

・○◎○・trecksa...
Câline -PA...
やっぱり鶏肉が好き
イロトリドリ* de ...
atelier ie
"裏"プロヴァンス案内。

外部リンク

その他のジャンル

ブログジャンル

海外生活
ライター

画像一覧