ガイドブックに載っている"表(おもて)"だけじゃ物足りない方へ。satokoizmの"裏"パリガイド。


by satokoizm

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:Parisien パリジャン( 1 )

パリジェンヌの品格

パリの女性は最初から最後まで女である。

子供はできるだけ早く女になりたがり、
大人はできるだけ長く女でいたがる。

それは"妻"や"母"になっても同じこと。
立場が変わってもfemme(女性)であることには変わりない。

パリジェンヌであることは、女であるということ。
e0242860_9123542.jpg
推定60歳前後のかっこよすぎるパリジェンヌ。
紺色のカーディガンに赤いスカート、バレリーナシューズ。
ポケットに手を入れて颯爽と歩いているところがまたいい。

「ワインと女は古いほうがいい」
彼女の姿を見たときに思い出した言葉だった。
ワインは一般に長く置くほど美味しくなると言われている。
丁寧に保存されたものは、まるで別のボトルかと思うほど
香りも味わいもまろやかで豊かになる。
それに比べてボジョレーヌーボーのような新作ワインは、
軽すぎてキャラクターも飲みごたえもない。
"新鮮で飲みやすい"は、決して褒め言葉ではない。
女性にも同じことが言える。
経験を経て成熟した女は、自分のことをよく知っている。
しぐさに、言葉に、らしさが現れる。
失われていくもの(若さ)に執着して一生懸命シワを隠すよりも、
幸せな思い出が刻まれた笑い皺を愛するほうがいい。
どんな歳の重ねかたをしてきたのだろうと思わせる、
彼女のような女がこの街に愛されるのだ。

「畳と女房は新しい方がいい」
こんな台詞はパリの女には通用しない。
女子や女の子という甘い言葉でお子様扱いされることは
パリジェンヌの望む道ではない。
そもそも"女子"という言葉に品格は似合わない。
パリジェンヌの"品格"は、女であることに意味がある。


………………………………………………………………………………………………………
散文家 izumisawa satoko の
通訳、ガイドコーディネートのご依頼、お問い合わせはこちらまで
satokoizm.guide@gmail.com
………………………………………………………………………………………………………
[PR]
by satokoizm | 2012-08-10 12:00 | Parisien パリジャン

タグ

(37)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2013年 11月
2013年 04月
2012年 11月
more...

カテゴリ

Transport  歩き方
Boutique 買い物
Miam 食べもの
Monument "表"パリ
Parc 公園
Saison 季節
Rue 通り
Musee 美術館
S-culuture サブカル
Reportage 取材
MiP 野郎のパリ
Français フランス語
Parisien パリジャン
Japon 日本
Antiparis パリ以外
Guide ガイド
Satokoizm 私
etc… たわごと

検索

フォロー中のブログ

・○◎○・trecksa...
Câline -PA...
やっぱり鶏肉が好き
イロトリドリ* de ...
atelier ie
"裏"プロヴァンス案内。

外部リンク

その他のジャンル

ブログジャンル

海外生活
ライター

画像一覧