ガイドブックに載っている"表(おもて)"だけじゃ物足りない方へ。satokoizmの"裏"パリガイド。


by satokoizm

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:カフェ ( 3 ) タグの人気記事

昼から呑める、美味しい一杯♪

パリで美味しいランチを探すのは難しいけれど、
もっと難しいのは美味しいグラスワインを探すことかもしれません。
大体がまぁまぁな値段でまぁまぁの味。。。
ワイン大国だからって、なんでもかんでも美味しい訳ではないのです。

「フランスではランチでもお酒、飲んじゃうの?」
そんな声をよく聞きます。(私がランチから呑むものですから…えぇ♡)
答えはouiでもあり、nonでもある。人それぞれですね。
でも社会人的に、モラル的にあり得ないでしょっ!
という考えは日本よりは薄いかな。
なんといっても"一日一杯のワインが美容、健康にいい"
と誇りを持って謳っているくらいですから。

ということでご紹介するのは、
ランチとワインがとっても美味しくて、良心的な値段で
「も〜、昼から幸せだなぁ〜」となれるお店VINGT VINS D'ARTSです。
e0242860_6435314.jpg
お値段的にカフェ?
ワインのセレクションから言ってバー?
食事もワインも本格派のレストラン…?
と、この辺りの線引きはとても難しいですよね、食べ物屋さんって。
誠に勝手ではありますがこのお店は私の独断と偏見で、
"美味しいものが食べられるバー"と呼ばせていただきます。
し・か・も、お昼から♡(しつこいですね…)

今回いただいたのは、formule de Michiko。
ランチタイムの料理人兼パティシエのみちこさんの日替わりメニュー。
スープ、キッシュ、デザート、サラダのなかから
2品で9ユーロ、3品で14ユーロ、4品で18ユーロ!!
9ユーロなんてパン屋のサンドイッチセットのテイクアウトと同額、
下手すればそれより安く美味しいものが食べられてしまいます。
しかも場所はマレ地区のど真ん中、サンポール駅から徒歩2分。
日本で言うところの代官山?で650円で美味ランチが食べられるという
ありえない状態な訳です。

まず本日のスープはpanais(パネ:パースニップ)のポタージュ。
e0242860_62673.jpg
ブイヨンや牛乳をできるだけ使わず、でも、しっかりこっくり。

メインのキッシュは、この厚み〜、わぉ!
e0242860_6362742.jpg
この日のキッシュは"かぼちゃ×ほうれん草×ベーコン"
ん〜、絶対美味しい組み合わせ♡

〆は、元(本業?!)パティシエみちこさん特製パンナコッタ
e0242860_704943.jpg
スープとキッシュの時点でお腹いっぱいだったのに、
これならスーッと入ってしまうからコワイ。。。

昼のかる〜い一杯、ということでグラスワインは白を。
「あまり甘過ぎないものを」というリクエストで選んで頂きました。
実はこちらのオーナーさんは日本人。
なので、彼がいるときならワインのおもしろ話も伺えますし、
キッチンのみちこさんにも相談できます。(邪魔しない程度にネ♡)
フランス的なものが食べたいけど言葉が心配...そんな方にも安心です。
こちらのお店はもともとワインカーヴだったのでボトルも販売しています。
前に私がお邪魔したときは、フランス人ムッシュがケース買いしてました。
ワインに対して並々ならぬ情熱を持つフランス人が、
日本人のセレクトしたワインを買っていたのにはビックリ。
それくらい顧客(日仏関係なく)に信用されているお店なんです。

お昼に呑んで気に入ったものをお土産用に購入、なんてのもいいですよね。
もちろん、日本でもぜひ週末ランチに呑んでくださいね♪
昼の一杯で夜とはひと味違う贅沢を楽しんで頂きたい、
昼ワイン促進委員会のsatokoizmでした。

※店内の壁にはアート作品がインテリアのように展示中。
実はここバー兼ギャラリー。だから作品も購入可能なんですって。
e0242860_7261642.jpg


VINGT VINS D'ARTS(ヴァン ヴァン ダー)
16, rue de Jouy 75004
最寄り駅:saint-paul(サンポール)
12:00〜0:00 定休日なし
※みちこさんの日替わりメニューは月〜金曜のみ
Facebook VINGT VINS D'ARTS


………………………………………………………………………………………………………
南仏の住人がこっそり教えてくれた"裏"プロヴァンス案内。
気まぐれ更新中 こちらもぜひ覗いてみてください。

散文家 izumisawa satoko の
取材、通訳、ガイドコーディネートのご依頼、お問い合わせはこちらまで
satokoizm.guide@gmail.com
………………………………………………………………………………………………………
[PR]
by satokoizm | 2013-04-19 12:00 | Miam 食べもの

居心地が良すぎてお金払い忘れないように注意!

日本のカフェはどこもおしゃれで清潔、そして親切。
かわいい女の子たちが、これまたかわいいケーキを食す。
ほんと、(よくも悪くも)スイーツという言葉がぴったり。

そしてそんな彼女たちはフィガロジャポンの"カフェ特集"を読みながら、
「いつかパリのカフェで飲みたいよね、憧れのカフェオレ♡」
なんて言っちゃってたりするかもしれません。
というか私も言ってた気が。。。

だけどそんなこと想像してたら痛い目にあいますよ、みなさん!
そもそもメニューに"カフェオレ"なんてないんだもん。

フランスの"カフェ"の位置づけはもっと庶民的な社交場。
朝からカウンターを陣取るおじさま方はエスプレッソをぐい飲み、
お昼はお客さんが入れ替わり立ち代わり定食屋並みに騒がしいし、
酒場と化した閉店前は、客関係なしにイスやテーブルを片付け始める。
カフェ兼ビストロ兼バー、そんなところです。

じゃあ雑誌に載ってるような、業界人が通うような、
オシャレ女子のためのカフェはどこにあんのよ?
と言われて答えたところで、ちっとも"裏"パリじゃない。
というかそれこそ雑誌に載っているところに行ったらいいじゃない?

私が紹介するカフェはこちら。
MERCE AND THE MUSE (メルス アンド ザ ミューズ)
e0242860_7394723.jpg

あれ?これこそザ・おしゃれカフェじゃないですか。
まぁそう言わずに聞いてください。

アメリカ人オーナーのMerce(メルス)が2010年にオープンした
ベーカリー&コーヒーショップ、MERCE AND THE MUSE
並んでいるお菓子は主にマフィン、クッキー、チーズケーキ、
どれも2階のキッチンで作られています。
そういえば、チーズケーキってフランス菓子と思われがちだけど、
実は違うんです。
前にフロマージュリー(チーズ屋)でスフレを試したことがあるけど、
んんん、お菓子というよりはチーズでした。
覚えきれないくらいの種類のチーズがあるくせにね、もったいない。
最近はパリでもチーズケーキを見かけるようになったけど、
ここのは絶品。「今日はチーズケーキある?」と訊ねるファンも多し。

アメリカンなお菓子といえば、ポップでキュート♡なイメージですが、
なんとなく身体に悪そうな、不健康バンザイな匂いがぷんぷん。
あるいは"ナチュラル志向で味は2番目、見た目は3番目"の健康食品系。
このカフェに並ぶのはそのどちらでもない、
可愛くて美味しいホームメイドなお菓子たちです。

e0242860_985231.jpg
本日のケーキ。たぶんカルダモン…。(聞き忘れました。汗)
e0242860_7552649.jpg
オーナーのMerce(メルス)写真右。

レコードから流れてくる音楽、ソファにクッション、低めのテーブル、
お店のコンセプト"友達んち感"を演出するニクい小道具たち。
それに加えてアットホームなスタッフ。
挨拶は「Bonjour」じゃなくて「Hi!」(ザ・アメリカン♡)だし、
スタッフが勝手に他人同士を紹介し始めたりする。
「砂糖の瓶はひとつだからみんなで回してね」とウインクされたり、
客だと思ってた人がおもむろに働きだしたりする(逆もあり)。
そんなのが当たり前だから、初めてでもすぐ馴染みの客になれるのです。

実はオープン前からMerceとも他のスタッフとも知り合いだったので、
私にとってここは本当に友達んち。
お菓子よりコーヒーより、スタッフとのおしゃべりが目的ですが、
ここにくる常連客はそんな人ばっかり。
そう、カフェというより昔ながらの喫茶店って感じです。

そういえば前に、連れの友人が支払いをせずに帰ったことがありました。
「みんなにバイバイ言ってたら、そのまま忘れてお店でちゃってたよ!」
ですって。
もちろん私が彼女の分まで払いましたが、実は私も同じ経験があります。
あまりにお店感が無くて、ってこんな客ばっかり増えたら大変。。。
みなさんはこんなことにならないように、気をつけてくださいね。
e0242860_10221167.jpg
おまけ☆お茶目なスタッフ、Tess(テス)

MERCE AND THE MUSE
1bis rue Dupuis, 75003 Paris
火・水・木14:30〜19:00
土11:00〜19:00 日11:00〜17:30 ブランチあり
Facebook Merce and the Muse
[PR]
by satokoizm | 2012-07-16 10:34 | Miam 食べもの

愛すべきネイバーフッド

近所に「今、ひまー?」と声をかけられる友だちが何人かいて、
お洒落すぎず、かといっておやじ臭くないカフェがあって、
ついでに美味しいパン屋とやたらとおまけしてくれる八百屋があれば、
どのカルティエ(区)に住んでも楽しいかも、なんて思い始めています。
もっと言えば14区も悪くないじゃん、なんて台詞まででてきそう。

パリ14区、ここは私にとってシャンプーの香る街。
あか抜けないパリジャンとやたらと感じのいい移民、
高級住宅街でも流行発信地でも24時以降に一人で歩けない場所でもない。
"気取らない庶民の街"そう謳うところが気取ってる証拠。
目立たないのにちゃんとモテる、天然だけど成績はいい、そんな感じ。
とっても暮らしやすくて、とってもつまらない街。
そんな14区が居心地よくなりだしたのは、ここのおかげもあるかもな。
e0242860_9513845.jpg

このカフェは何時に行っても、誰と一緒でも、なんかいい。
"特別"はなにもなくて、メニューも雰囲気もスタッフも"ちょうどいい"。
13時なら、カウンターで買い物前にエスプレッソをグイッと。
17時には、友だちと待ち合わせして近況報告、日本語もフランス語も。
21時ちょうど、お出かけの帰り道にビールを1杯、2杯、3杯だけ。
24時からの乾杯は完敗…千鳥足でもちゃんと帰れる距離でよかった。
ここは、うちから5分のところにあるchez moi(我が家)です。
[PR]
by satokoizm | 2011-12-07 09:22 | etc… たわごと

タグ

(37)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2013年 11月
2013年 04月
2012年 11月
more...

カテゴリ

Transport  歩き方
Boutique 買い物
Miam 食べもの
Monument "表"パリ
Parc 公園
Saison 季節
Rue 通り
Musee 美術館
S-culuture サブカル
Reportage 取材
MiP 野郎のパリ
Français フランス語
Parisien パリジャン
Japon 日本
Antiparis パリ以外
Guide ガイド
Satokoizm 私
etc… たわごと

検索

フォロー中のブログ

・○◎○・trecksa...
Câline -PA...
やっぱり鶏肉が好き
イロトリドリ* de ...
atelier ie
"裏"プロヴァンス案内。

外部リンク

その他のジャンル

ブログジャンル

海外生活
ライター

画像一覧