ガイドブックに載っている"表(おもて)"だけじゃ物足りない方へ。satokoizmの"裏"パリガイド。


by satokoizm

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:ブロカント ( 5 ) タグの人気記事

彼女の光る引き出し

小さな頃から人の引き出しのなかを見るのが好きだった。
どんなものが入っているんだろう、
大切にしまっておきたいものはなんだろう、
引き出しの中に隠された世界を覗くのが好きだった。(satokoizm)

e0242860_6413341.jpg
ヘア&アクセサリーデザイナー、原口朝美さんのアトリエにあったこの棚。
大事なものは内に秘めておく人なんだな、というのが第一印象でした。
引き出し好きの私としては一刻も早く覗きたかったのですが、
まずは彼女自身の引き出しから、とインタビューさせていただきました。

"もういちど命を与える作業"
日本ではヘアセットとヨーロッパから輸入されたヘアアクセサリー、
アクセサリーの販売をしていた朝美さんが
本格的にアクセサリー制作を始めたのはパリに来てから。
パリで挙式する花嫁さんのためのブライダルヘアを依頼され、
そのためにへアドレスを作ったのがきっかけだったそうです。
趣味の蚤の市、ブロカント巡りで集めたアンティークのレースや
パーツなどをちりばめて作るアクセサリーは"Câline (カリンヌ)"と
ブライダルラインの"Câline Blanc (カリンヌ ブラン)"の2つ。

「とっておくだけじゃ勿体ない、もっと一緒に過ごしてほしいんです」
古いものを骨董として扱うのではなくアクセサリーとして蘇らせる、
大事なものだからずっと持っていられる形に換える、
そんな考えがベースにあるからこそ彼女の作品は現在を生きています。
今まで誰かに愛されてきたアンティークのレースも彼女の手に掛かり、
これからもずっと、もっと愛されるニューアンティークになるのです。
e0242860_8265470.jpg

"小さく、強く、美しく"
古いもの特有の力を感じたことがありますか?
押し入れから出てきた祖母や母の着物、
美術館に飾られている小さなカメオ、
偶然見つけた昔のアルバム、
そんなものに触れるとなにか強い力を感じます。
オーラなんて安っぽい言葉では言い表せない時間の力。

柔らかな素材、優しい色、小さなガラス玉…。
朝美さんの作品はとても繊細で女性的なのに
アンティークパーツを使っているからか、強い力を持っています。
小さくて強い、それはまるで彼女自身。
小柄で控えめ、だけど強い意志を持っている朝美さん。
大事なものを知っているから、自分を誇張する必要もないのでしょう。
やりたいことに素直に、できることを一生懸命、
小さな身体から大きく強い力が溢れていました。
e0242860_962543.jpg

"Câline(カリンヌ)な関係"
Câlineという名前はCâlinerというフランス語からつけており、
「~をかわいがる、あやす」という意味があります。
長い歴史を持つヨーロッパ独特の雰囲気を愛してほしいという
気持ちを込めています。(Câlineホームページより)

朝美さんが自身の作品やまだ材料の段階であるレースに触れるとき、
このCâlinerという言葉が本当に似合います。
でも私がこのフランス語を聞いて最初に思いつくのは
「抱かれる、ぎゅっとされる」という意味のCâlin(e)。
長い間愛されてきたアンティークを今度は自分が身につける、
そう、Câlineされるのはきっと持ち主も同じではないでしょうか。
アクセサリーとその持ち主がお互いに想い合う関係。
Câlineのアクセサリーはモノという枠を超えて私たちに語りかけてきます。
e0242860_644921.jpg

"彼女の光る引き出し"
「あの...引き出し、開けてもいいですか?」
最初からずっと気になっていた、たくさんの引き出し。
インタビューが終わり撮影に入って数分後、やっとこの一言が言えました。
大切そうに並んでいたのは、彼女の作品たち。
キラキラ光る、彼女の引き出し。
「こんなに素敵なものを隠していたのね!」
一度のインタビューで彼女を全部知ろうとした自分のことが
なんだか急に恥ずかしくなりました。
彼女の光る引き出しは、まだまだいろんなものを隠しているはずです。
ここからもっとたくさんの作品が生まれていくはずです。
でも、これからはCâlineのアクセサリーを通して
彼女とCâlineの引き出しを覗いていくことにします。

ホームページ Câline
朝美さんのブログ "Câline-PARIS日記-"



………………………………………………………………………………………………………
南仏の住人がこっそり教えてくれた"裏"プロヴァンス案内。
毎週 日曜 更新中 こちらもぜひ覗いてみてください。

散文家 izumisawa satoko の 取材、通訳、
ガイドコーディネートのご依頼、お問い合わせはこちらまで
satokoizm.guide@gmail.com
………………………………………………………………………………………………………
[PR]
by satokoizm | 2012-09-11 12:00 | Reportage 取材

気まぐれな値段たち

今回のお客さまは、日本からいらっしゃったバイヤーさん。
ヨーロッパ最大といわれるリールの蚤の市に合わせての強行ツアー5日間。
パリでも仕入れメインという仕事熱心なお客さまでしたので、
ガイドというよりは通訳コーディネーターとしてパリを案内しました。
ご用意させて頂いたのは、3タイプの仕入れコース。

蚤の市よりも数倍安く仕入れられる"穴場"、
モントルイユ、クリニャンクールの大型蚤の市、
(注:クロージングが主だったのでヴァンヴを外しました)
そして、ヴィンテージショップのオーナーからの直接買い付け、
質も値段も様々で、バイヤーの目利き力が発揮されるところです。

「服を見てると元気になるんですよね」
もうすっかり秋空のパリで風邪を引いてしまったお客さま。
体調不良にも関わらず、蚤の市を歩き尽くしました。
パイヤーという仕事は彼女にとって"天職"なのでしょう、
真剣なまなざしで商品を選ぶ姿をみていると、私も気合いが入ります。

買い付けで何よりも大切なのは、やはり値段交渉。
どれだけ安く仕入れられるかが勝負です。
とは言ってもただ値切ればいい、というわけではありません。
特に品揃えに誇りを持っている店主に向かって
「もっと安く!半額にして!」なんて簡単に言うと、
彼らの逆鱗に触れることにもなりかねません。
お客様々精神のない店主に「帰れ」と言われる可能性も大アリ。
でもよく考えてみてください。
付いている値段は店主の付けた価値の値段。
それをいきなり値切るなんて、少し横暴すぎますよね?
しかも挨拶もなしに片言で「まけろ!」では余計に悪印象。

「これがもう底値ですか?」
「価値があるのはわかるけど、手元の残額が…」

商品の価値を下げず、相手をリスペクトしながら上手に値段交渉。
こんな二言、三言で予想以上に安く買えたりもするんです。
そして意外と関係ない世間話で盛り上がったときの方が
破格で譲ってくれたりして、ほんと気まぐれな値段たち。
そう、なんといっても店主はおしゃべり好きのフランス人、
自分の商品をじっくり説明したくてたまらないのです。

「あなたはフランス語ができるから嬉しいわ」
買い付け中、何人かの店主から言われました。
商品の年代、店のコンセプト、フランス装飾の歴史、
交渉そっちのけで自分のプライベートまで(?!)語りだす人も。。。
彼らにとって商品を理解し納得した上で買ってもらうことは
高い値段で売ることよりも嬉しいことかもしれません。
だってそうでなければ、ネット販売や卸専門にして
もっと簡単に稼げる方法はいくらでもあるはず。

値段に限らずなにごとも交渉の国、フランス。
どうせだったら売り手も買い手もお互いに
"merci(ありがとう)"と言って別れたいものですよね。
そういう意味では、今回のご案内はお役に立てたと思います。

「あなたの連れてくるバイヤーだからこの値段なのよ。」
と言ってくれたヴィンテージショップのオーナーさん。
「次もきっと通訳コーディネートお願いしたいです」
隣には大荷物を抱えて満足げなお客さま。
こんな言葉を頂いて、2日間の疲れも飛んでいきました。
買い手も売り手も、その間にいる私も
みんなが"merci"と思った瞬間でした。

e0242860_758487.jpg
写真は「今回はエッフェル塔も見れないかも…」といっていたお客さまへ。
好きな仕事に熱中していた彼女はこのエッフェル塔以上に輝いていました。



………………………………………………………………………………………………………
南仏の住人がこっそり教えてくれた"裏"プロヴァンス案内。
毎週 日曜 更新中 こちらもぜひ覗いてみてください。

散文家 izumisawa satoko の
取材、通訳、ガイドコーディネートのご依頼、お問い合わせはこちらまで
satokoizm.guide@gmail.com
………………………………………………………………………………………………………
[PR]
by satokoizm | 2012-09-04 12:00 | Guide ガイド

蚤の市でも物足りないあなたへ。

凱旋門、ノートルダム大聖堂、ルーブル美術館…。
パリの観光スポットはどれも長生き。
新参者扱いのエッフェル塔でさえ、1889年に建てられたものです。

カフェ、パティスリー、サロン ド テ…。
昔に見た絵はがきとあまり変わらない街並を見ていると、
場所だけではなく、時間まで超えてきてしまった気になります。

フランスの魅力は古いものに宿る、と言っても過言ではありません。
その雰囲気をそのまま持って帰ることができるのが、骨董品です。
カフェオレボウルもリネンのベッドシーツも、
スーツケースに入れられる、古き良きフランス。

蚤の市、ブロカント、アンティーク…。
パリにも古いものを扱うお店はいくつもあります。
もちろん値段はそれぞれ、状態や店構えによって変わります。

でも、今回私が紹介したいのは日本のバイヤーさん向けの場所。
フランス人にもあまり知られていない、超穴場です。
e0242860_558212.jpg
蚤の市で商売する人たちが買い付けをすることも多い、
まさに夢の島。
e0242860_61437.jpg
価値のあるものから、中古品、ガラクタまで
とにかく山積み。
e0242860_63821.jpg
タンスに机、ソファ、シャンデリアなど
家具も並ぶ倉庫のなか。

状態も価値もある程度保証されたものが欲しい、
ゴミの山から一枚のお皿を探すヒマなんてないよ、
そんな方にはもちろん蚤の市がおすすめです。
しかし、
誰かに付加価値を付けられる前のものが欲しい、
旅の目的は買い付け、埃まみれになってもいい、
そう思って頂ける方ならきっと喜んで頂けると思います。

今までご案内したバイヤーさんたちは、
みなさん目を輝かせて宝探しに勤しんでいました。
値段を聞けばまた一段とやる気がでるようでした。

ということで、場所はこちら!
と、簡単にお教えする訳には参りません。
(期待させてごめんなさい...)
みんな知ってしまったら穴場じゃなくなりますものね。
買い付けガイドを依頼していただいた方のみ、
張り切ってお連れいたします。
蚤の市さながら値段交渉が可能な場所ですので、
通訳としてもお役に立てると思います。

ご依頼、お問い合わせはこちらまで
satokoizm.guide@gmail.com


e0242860_683230.jpg
おまけ 私のハートを奪ったキッチュなカラーの扇風機(60's)
[PR]
by satokoizm | 2012-07-31 12:00 | Guide ガイド

鍵が好きな女

         彼氏が6人いたらこんな感じかな?
e0242860_14245455.jpg

[PR]
by satokoizm | 2012-02-07 14:19 | etc… たわごと

長生きの秘訣

蚤の市やブロカント(骨董市)に足を運べば、収集家の血が騒ぎます。
一期一会かと思えば、あれもこれも無性に欲しくなります。
自分の部屋の雰囲気にあわなくても、同じものを持っていても、
目が合ってしまったものは連れて帰りたくなります。
価値の分かるものは余計に見過ごし三振、とはいきません。
そんな私にとって、買い付けのお仕事は天職です。
誰かに大切にされてきたものを、もっと大切にしてくれる誰かへ届ける。
なんと素敵な副業でしょう。

持ち主が変わっても愛があればいつまでも生き続けることができる、
骨董品は私たちよりずっと長生きです。
目の前にある青い花にも、次の主をみつけてあげなくちゃ。
e0242860_14172012.jpg

[PR]
by satokoizm | 2011-12-06 14:49 | etc… たわごと

タグ

(37)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2013年 11月
2013年 04月
2012年 11月
more...

カテゴリ

Transport  歩き方
Boutique 買い物
Miam 食べもの
Monument "表"パリ
Parc 公園
Saison 季節
Rue 通り
Musee 美術館
S-culuture サブカル
Reportage 取材
MiP 野郎のパリ
Français フランス語
Parisien パリジャン
Japon 日本
Antiparis パリ以外
Guide ガイド
Satokoizm 私
etc… たわごと

検索

フォロー中のブログ

・○◎○・trecksa...
Câline -PA...
やっぱり鶏肉が好き
イロトリドリ* de ...
atelier ie
"裏"プロヴァンス案内。

外部リンク

その他のジャンル

ブログジャンル

海外生活
ライター

画像一覧