ガイドブックに載っている"表(おもて)"だけじゃ物足りない方へ。satokoizmの"裏"パリガイド。


by satokoizm

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:美術館 ( 3 ) タグの人気記事

住みたくなる美術館 (1)

パリにある美術館、博物館の数はゆうに140を越えるという噂。
美術ファンにとってはどれだけ滞在しても飽きない、
まさに街全体が芸術の館ではないでしょうか。

そんなところに住みながら、いつまでたっても
美術館ニガテ派のsatokoizm。
"もったいない"は耳にたこ、自分でもよく分かっています。
じゃあなぜ"Musee 美術館"なんてカテゴリを作ったのかって?
それは、こんな私でもおすすめしたい美術館があるからです。
絵画に疎くても、芸術品に感銘を受けなくても、
美術館の楽しみ方はいくらでもあるのです。

そんなわけで今回ご紹介するのはこちら。
(といっても美術館の外観ではありませんが…。)
e0242860_3342897.jpg
テラスの素敵な Musée de la Vie Romantique
その名もロマンティック美術館。

夜の繁華街9区に突然現れるのは緑のアーケード。
その奥に静かに佇んでいる、小さな館とテラスのカフェ。
美術館というよりも誰かのおうちかな、というサイズです。
そして、本当にもともと19世紀の画家
アリィ・シェフェールの邸宅、アトリエとして存在し、
当時のロマン主義の芸術家たちの集いの場だったそうです。
ご近所さんは、ショパンにジョルジュ サンドと豪華な顔ぶれ。
そんな彼らにまつわる作品も数々ありますが、
私がなによりも興味を惹かれたのはその内装です。
一部屋ごとに違う壁紙のかわいいことといったら!
まさに空間すべてがロマンティック♡
一緒にいた友人と学芸員のあきれ顔を横目に、
作品そっちのけであちこち壁の写真をとってきました。


   
e0242860_3361946.jpg
総柄のペイントで部屋そのものがカルトナージュ(紙や布で作る箱)のよう
e0242860_3352543.jpg
懐かしいチェック柄、縁取りまであって丸ごとクッションみたいな部屋
e0242860_3354389.jpg
クリーム色に薄いブラウン、おばあちゃんちのような柔らかい色合い
e0242860_3353519.jpg
一番のお気に入りはこの空間、赤いチェックとレースは乙女の基本
e0242860_335932.jpg
カーテンとカーテンレールはだまし絵、上を見るまで気付かなかった!
e0242860_3351885.jpg
椅子の上にちょこんと置いてある、小さな木の実。
「座らないでください」ってプレートの何倍もセンスがいい"注意書き"。


私にとって"いい美術館"とは、住みたくなる空間。
だから有名なところでもピカソ美術館やロダン美術館のような、
「おじゃまします」と言いたくなるような小さなものが好みです。
迷子になるようなところ、学芸員がわんさかいるようなところは
どうにも緊張してしまい集中力散漫になってしまうのです。
そう考えるとこの美術館は理想的。
無料で入れるし、2階までぐる〜っとまわってその後はカフェで休憩。
芸術家たちの"たまり場"だったのもこの心地よさを知れば納得。
私たちもテラスでカフェを飲みながら「家賃いくらかな?」なんて、
素敵な物件を見つけたような感覚になりました。
ひとつだけ残念なのは、カフェは夏期(4月中旬から10月中旬)のみの営業。
だけどもし夏の間、その中でもバラの季節5月にパリに来る予定なら
ぜひふらっと寄ってみてください。
きっと旅のリラックスタイムになること間違いなしです。

Musée de la Vie Romantique (ロマンティック美術館)
16 rue Chaptal - 75009 Paris
開館時間 10:00〜18:00 (カフェは17:30まで)
月曜、祝日 休み
site http://www.paris.fr フランス語、英語

………………………………………………………………………………………………………
南仏の住人がこっそり教えてくれた"裏"プロヴァンス案内。
毎週 日曜 更新中 こちらもぜひ覗いてみてください。

散文家 izumisawa satoko の
通訳、ガイドコーディネートのご依頼、お問い合わせはこちらまで
satokoizm.guide@gmail.com
………………………………………………………………………………………………………
[PR]
by satokoizm | 2012-08-28 12:00 | Musee 美術館

君に問う、芸術の冬

e0242860_1083528.jpg

鹿児島からいらしたお客さまのパリ案内中に見かけた怪物くん。
かの有名なルーブル美術館のおとなり、
装飾芸術美術館からニョキっとはみ出しておりました。
前回に続きインテリ気味な話題ですが、正直なところ美術館はニガテ派。
そこらへんに転がっているArtの隅にもおけないようなものが好きです。
飾らない君が好き。
なんて安っぽい台詞は嫌い。
。。。
話が少しずれてしまいましたが、
実のところ美術館好きの美術鑑賞嫌いなんだと思います。
美術館に行っても他人の話し声や表情ばかりが気になって、
あるいは連れの好きな作品を当てることに躍起になって、
ふと気付けば、頭の中は考え事でいっぱいいっぱーい。
作品を感じる余裕なんてどこにもござぁせん。
そんな私を前に作品たちも口を一文字に結んでしまう始末。
あげくのはてに「美術館なんてものはちょっと…」と
気取ったスノッブ発言をかますことになるのです。
ウーーーム、ムズカシイネ、ゲイジュツ。
と言ってみたところでパリの怪物くんは手を横に振ってくれる訳でもなく、
ただニクイくらいにはみ出つづけているわけです。
兎も角。
犬も歩けば美術館にあたるこの街にはArtが溢れています。
気付くか気付かないか、芸術かそうでないかは自分次第。
そういえば今週末は月の第一日曜日、美術館が無料の日。
せっかくなのでどこかに出掛けてみようかな。
もちろん人間観察が目的ではありますが。。。
[PR]
by satokoizm | 2012-01-31 11:30 | etc… たわごと

危険な早起き

1月25日、朝の9時30分に待ち合わせて
"24 Hours Museum by PRADA"に行ってきました。
よっ、ザ・ミーハー。

会場はパリ16区のPalais d'Iena(イエナ宮)、
展示されていたものよりよっぽど魅力的な建造物でした。
24時間だけのミュージアムは招待客だけのセレブな夕食会で始まり、
夜な夜なはしゃいだあげく、朝になったら一般に公開。
e0242860_1101373.jpg

ご覧の通り、コンテンポラリーというには適当すぎる作品たちと
ミュージアム全体を檻のように囲んでいたピンクの蛍光灯。
いやこのヒカリ、気持ちが高ぶるクスリのようでした。
決して下品なわけではないのだけれど、長時間いられない。
こんな中で夕食会なんて、セレブなみなさまもご苦労様でした。
きっと夜に見てたら盛り上がるヒカリだったかもね、
と言っていた友人は青い目が黒くなるほど眼球が開いていて、
危険。危険。危険でーす。。。
結局、そそくさと退散した私たち、
「早起きなんてするもんじゃないね」と言うことで落ち着きました。
パリご旅行の際は、昼から行動をおすすめします。
[PR]
by satokoizm | 2012-01-29 12:11 | etc… たわごと

タグ

(37)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2013年 11月
2013年 04月
2012年 11月
more...

カテゴリ

Transport  歩き方
Boutique 買い物
Miam 食べもの
Monument "表"パリ
Parc 公園
Saison 季節
Rue 通り
Musee 美術館
S-culuture サブカル
Reportage 取材
MiP 野郎のパリ
Français フランス語
Parisien パリジャン
Japon 日本
Antiparis パリ以外
Guide ガイド
Satokoizm 私
etc… たわごと

検索

フォロー中のブログ

・○◎○・trecksa...
Câline -PA...
やっぱり鶏肉が好き
イロトリドリ* de ...
atelier ie
"裏"プロヴァンス案内。

外部リンク

その他のジャンル

ブログジャンル

海外生活
ライター

画像一覧